インターネット映像配信サービス・福島ムービークリップ
ホームへ戻る ライブ配信 オンデマンド配信 その他の映像 コンテンツ一覧 サービスのご案内 お問合せ
FMCLIP/インターネット映像配信サービス・ふくしまムービークリップ

オンデマンド配信

HOME>オンデマンド配信「ふくしまの工芸

ふくしまの伝統工芸

大堀相馬焼
大堀相馬焼

大堀相馬焼は、福島県双葉郡浪江町大字大堀一円で生産される焼物です。旧藩政時代には相馬藩内で生産される陶器を相馬焼と呼んでいましたが、今は産地名大堀の名を入れて大堀相馬焼と呼んでいす。創業は今から約300年前、藩士半谷休閑の下僕左馬という人によって創始されました。

大堀相馬焼について

大堀相馬焼について

大堀相馬焼のなりたちと歴代の工芸品

Play

亀田安将さん

亀田安将さん

素朴で深みのある作品に挑戦

Play


吉田忠利さん

吉田忠利さん

うわぐすりが醸し出す器の美しさ

Play

亀田大介さん

亀田大介さん

伝統の技法を現代にアレンジ

Play


会津本郷焼
会津本郷焼

会津本郷焼の起こりは古く、文禄二年(1593年)に城主蒲生氏郷が会津領主となってからで、若松城の大改修を行うに当たって、城郭の屋根を瓦葺きとするため播磨国(兵庫)から瓦工を招き、黒瓦を製造したのが始まりとされています。

会津本郷焼について

会津本郷焼について

会津本郷焼のなりたちと歴代の工芸品

Play

宗像真弓さん

宗像真弓さん

シンプルで楽しい普段使いの器を造る

Play


弓田道雄さん

弓田道雄さん

美しい会津への思いを器に込めて

Play

渡部正博さん

渡部正博さん

絵付にこだわり先人の技に習う

Play


土湯こけし
土湯こけし

土湯温泉は日本でも有数のこけしの里です。約三百年前、土湯温泉とその周囲の温泉の木地師の余地から生まれた土湯系こけしは、現在でも県内にはその流れをくむ多数の工人がます。土湯こけしは、頭が比較的小さく、頭頂は墨の蛇の目模様を描き、前髪の両側には紅のかせ(紙飾り)が大きく描かれています。頭が胴にはめ込み式で、首を回すとキイキイと愛らしく鳴くのも特徴のひとつです。

土湯こけしについて

土湯こけしについて

土湯こけしと現代の工人たち

Play

近野明裕さん

近野明裕さん

気にいった顔が書けたときが喜びです。

Play


阿部国敏さん

阿部国敏さん

夢中になって造り続けて来ました。

Play

陣野原幸紀さん

陣野原幸紀さん

こけし造りは切磋琢磨・一生勉強です。

Play


渡邉 隆さん

渡邉 隆さん

いくつになっても良いものを造り続けたい。

Play